全部やったるぞ!

オタク女子のママライフ。おすすめ商品紹介やゲームの話ばっかりです

哺乳瓶消毒は何がいい?人気ランキングと口コミからおすすめを紹介!

こんにちは!リノです。

哺乳瓶の消毒方法って液体やレンジ、煮沸など調べてみると色々あって何がいいか迷いますよね。
 
 
しっかり除菌できて安全で、かつ楽なのは一体どれ!?
 
 
今回は人気ランキングと口コミからおすすめ商品をいくつかご紹介します!
ぜひ参考にしてください〜
 
 
人気ランキングはこちらからチェックできます♪
↓ ↓ ↓

 
 
 

哺乳瓶消毒 ミルトン


ミルトン)ママセット(容器+CP36錠)【ミミより】
 
やっぱり哺乳瓶消毒といえばミルトン!というイメージですよね。

私の場合、出産した産院がミルトンを使っていたという理由で自宅でもミルトンを使っていました。
特に哺乳瓶消毒の方法を調べることもなくミルトン一択でしたね……

 
私が使っていた感想です。
 

ミルトンのメリット

  • つけおき消毒なので楽ちん
  • 一度にたくさん消毒できる

 
 
ミルトンで哺乳瓶を消毒するときは、哺乳瓶を一度水洗いした上で、消毒液につけこむだけ。
 
 
しかもミルトン専用容器なら、4リットルもあるのでたっぷり入ります!
哺乳瓶と乳首はもちろん、おしゃぶりやおもちゃ、搾乳機なども一緒に消毒できるのが便利ですよ〜
 
とくに搾乳機は、バラバラにすると細かいパーツがたくさんあるので、このくらいのサイズがあった方がしっかりつけられます。
  
 
 

ミルトンのデメリット

  • 薬液が高い
  • 人によって消毒液の臭いが気になる
  • 1日1回の交換を忘れがち

 
  
ミルトンの薬液は液体タイプと錠剤タイプと2種類あります。
液体タイプはボトル(1リットル)が場所を取るという点と、毎回消毒液の分量を測るのがめんどくさいので錠剤タイプがおすすめです。
 
ただ錠剤タイプは少々割高です。
 
60錠で1600円くらいですので、1日2錠使った場合、1ヶ月しか持ちません。
 
 
また、口コミでよく言われているのが消毒液の臭い問題。
これは確かに私も気になりました。

一時期、赤ちゃんが哺乳瓶を加えた瞬間に嫌がって泣いたことが続き、もしかして消毒液の味が嫌なのでは??と疑ったこともありました。
 
 
実際はどうなのかはわかりませんが^^;
ミルトン自体は口に入っても問題ない液体なので安心して使えることは間違いありません。
 
 
ただ気になるママはやっぱり多いようです。
消毒後のすすぎはどちらでもOKなので、臭いが気になる方はすすいでから使いましょう。
 
 
また、消毒液は作ってから24時間後に捨てて新しく作り直す必要があります。
 
毎日時間を決めて交換しなくてはいけませんが、これがなかなか忘れやすい!
 
 
最初の1ヶ月は毎日決まった時間にスマホでアラームを設定して忘れないようにしていました。
 
けど、アラームが鳴ったタイミングで子供の手が離せないこともよくあるので、結果的に時間がズレて忘れてしまうこともしばしば。
 
 
この交換作業は1日たった1回だけなのですが、毎日決まった時間にやるっていうのがちょっと面倒かもしれません。
赤ちゃんがいると思うようにいかないことが多いですからね〜^^;
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミルトン)ママセット(容器+CP36錠)【ミミより】
価格:2399円(税込、送料別) (2018/7/23時点)

 
 
 
 

哺乳瓶消毒 レンジでOK コンビ 除菌じょ~ずα


コンビ 除菌じょ〜ずα【送料無料 沖縄・一部地域を除く】
 
こちらはコンビの「除菌じょ〜ず」という商品。

ミルトンのように消毒液につけるタイプではなく電子レンジを使うタイプです。
 
 
こちらのケースに哺乳瓶と乳首と少量の水を入れてレンジでチン。
なんとたった5分で消毒完了します。
 
 
ミルトンの場合、1時間つけおきしないといけないので、すぐに完了するのは便利ですね。
 
新生児の頃はミルクの間隔も狭いですし、消毒し忘れがあると哺乳瓶が足りないなんてこともありますが、これなら安心ですね〜
 
 
実際に使っている方の口コミを一部ご紹介します。

  • レンジで5分で消毒完了するのが非常に便利です。夜中など、急にミルクをあげなくてはならないときでもさっと消毒できるのが助かります。
  • レンジで消毒したあと、そのままこの容器が保管ボックスとして使えるので、消毒済みの哺乳瓶に触れずに置いておけるのが衛生的で良いです。
  • 薬液につけおきするタイプは臭いなど抵抗があったためレンジタイプを購入しました。意外と場所も取らなくて良かったです。
 
口コミを見てみると、やはりレンジで5分という早さがとても重宝しているようですね〜!
 
 
しかもこの容器がそのまま保管ケースとしても使えるという点も便利です。
ラクなのはもちろんですが、消毒済みの哺乳瓶を触らなくてもいいので衛生的ですし、熱消毒したあとは哺乳瓶も熱くなっているのでやけどの心配もありません。
 
 
難点としては、ケースごと電子レンジに入れるため、レンジのサイズが合っていないと使えない点です。
購入前にレンジのサイズをしっかり確認するのを忘れないようにしましょう〜!
 
 
また、ケースには哺乳瓶3本入ると記載がありますが、哺乳瓶の種類によっては入らない場合もあります。
このあたりも要チェックですね。
 
 
コンビの製品なのでコンビの哺乳瓶なら確実に入るはずですが。
口コミを見ているとピジョンやベッタなど他メーカーでも利用している方もいらっしゃいますので、不安な方はレビューを見てみるといいと思います^^
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビ 除菌じょ〜ずα【送料無料 沖縄・一部地域を除く】
価格:2180円(税込、送料無料) (2018/7/23時点)




哺乳瓶消毒 ピジョン ミルクポン


ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケースそのまま保管(1コ入)【送料無料】

こちらはピジョンから出ているミルクポンです。

なんとこれ1つで薬液消毒とレンジ消毒の2通り使えます。

 
レンジ消毒と薬液消毒を使い分けたい方や、結局どっちがいいのかよくわからない方はひとまずどちらでも使えるこちらのピジョン製品がオススメです。
 
 
母乳実感の哺乳瓶を使っている方は、同じピジョンなのでこちらを購入すれば哺乳瓶のサイズもぴったりでいいですね〜
 
 
こちらも口コミを一部ご紹介します。 

  • レンジと薬液どちらも使えるのが決め手でした。普段はレンジで消毒することが多いですが、旅行の時などは薬液を使いたいのでシーンによって使い分けられる点は便利です。
  • 容器がコンパクトなので、薬液消毒する際も他メーカーに比べてお水と薬液の分量が少なく済むのが良いです。
  • レンジと薬液、どちらが自分に合ってるかわからないのでどちらも対応しているこちらを購入しました。どっちも使えるので失敗が少なそうです。
 
この製品の口コミは、レンジと薬液どっちを買えばいいか迷っているプレママさんのレビューが目立ちました。
 
確かにどちらも使えるので、買ってみて失敗して別のものを買い直す、と言った二度手間はなさそうですもんね。
 
 
レンジ消毒が早くて便利、という意見が多いですが、消毒したては熱くなっているのですぐに使いたいときは少し冷ます必要があります。
その点、薬液消毒の場合哺乳瓶本体は熱くないので、取り出してすぐに使えるのがメリットですね。
 
 
この辺りは、人によって何が使いやすいポイントかが変わってきますので、どちらも使えるピジョンは最初に買うにはピッタリですね!
 
 
ぜひチェックしてみてください^^
 
   
 
 

まとめ

哺乳瓶消毒アイテムとして、薬液タイプのミルトン、レンジタイプの除菌じょーず、そしてどちらも使えるピジョンと3つご紹介しました。
 
 
まとめますと、

ミルトンは産院で使っているところも多数ある信頼と実績を持つ商品。
専用ケースは4リットルと大きいので、搾乳機なども余裕で入る大きさ。
 
 
除菌じょーずはレンジで5分の早さが魅力的!
消毒した後そのまま保管ケースとして使えるので衛生的。
専用ケースはブラウンの色味がおしゃれで出しっ放しでもOKなデザイン。
 
 
そしてピジョンは何と言ってもレンジと薬液どちらも対応しているハイブリッド!
シーンによって使い分けたい方や、まだどれが自分に合っているか分からないプレママさんはこちらがオススメ。
 
 
毎日のことなのでできるだけ手間がかからず楽な方法でかつ赤ちゃんにとって安全なものが良いですよね。
 
こちらの3つはどれも売れ筋商品ですので、どれも安心です。
ぜひ自分に合った商品を見つけてください〜

それでは^^

© 2017 全部やったるぞ!