全部やったるぞ!

オタク女子のママライフ。おすすめ商品紹介やゲームの話ばっかりです

赤ちゃんとの外出に必要な最低限の持ち物リスト(生後2ヶ月〜5ヶ月)

1ヶ月検診が終わるとだんだんと赤ちゃんとの外出機会が増えて来ますよね。
そこで気になるのがお出かけのときに何をどれだけ持っていくか。

念のためと色々持ち歩くととんでもない量の荷物になります。

そこで今回は、赤ちゃんとの外出時の最低限これだけあればOKな
持ち物リストについてまとめます。


スポンサーリンク



お出かけ時の基本持ち物リスト

  • オムツセット
  • ミルクセット
  • 母子手帳
  • ガーゼハンカチやタオルなど
  • ブランケット

基本となる持ち物はオムツセットとミルクセット。
正直これさえあればあとはなんとかなります!

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

オムツセット

  • オムツ2〜3枚
  • おしりふき

オムツの枚数は外出時間によって調整してください。

オムツポーチと呼ばれる専用のものもありますが、
わざわざ買わなくても大丈夫です。

私はノベルティでもらったポーチをオムツ入れとして
使っていますがとくに問題ありません。
ジップロックでも代用できます。

ミルクセット

  • 消毒済み哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • ガーゼハンカチ2〜3枚
  • 調乳用のお湯
  • 調乳用の湯冷ましまたはベビー用のお水


粉ミルクはキューブタイプスティックタイプのものが出ているので
それを使うとラクです。

詳しくはコチラの記事にもまとめています。
mashiron-game.hateblo.jp

生後5ヶ月くらいになるとミルクの間隔も開いてくるので、
短時間の外出のときはミルクセットは必要ありません。
おでかけの直前に飲ませておけばよっぽど大丈夫です。

まだミルクを飲む回数が多いうちや、夏場で水分補給が必要なときは
短時間の外出でも最低1セット分持っておくと安心ですよ。


母子手帳

出先で赤ちゃんが突然体調を崩すなど、病院に行かなくては
ならないときのために母子手帳は常に持ち歩いています。

私は母子手帳ケースの中に、赤ちゃんの保険証と医療証、診察券、
お薬手帳をまとめて入れています。

何があるかわからないので、母子手帳は必ず携帯しましょう◎

ガーゼハンカチやタオルなど

ミルクを飲んだ後にお口周りを拭いたり、
よだれを拭いたりするのに使います。

すぐ汚れるので清潔なハンカチが何枚かあると助かります。

ブランケット

おくるみとして使ったり、ベビーカー使用時にかけてあげたり、
オムツ替えのときに下に敷いたり、何かと重宝します。
夏はサラッとした薄手のもの、冬は防寒できる暖かいものを
用意するといいですよ。

その他あると便利なもの

  • 消臭機能付きビニール袋
  • 着替え
  • ポケットティッシュ
  • ウェットティッシュ


オムツ用のゴミ箱が置いてあるベビールームも多いので
使用済みオムツを持ち帰ることはほとんどないですが
念のためビニール袋を持っておくといざというときに助かります◎


消臭紙オムツ処理袋(120枚入)


着替えは持っておくと安心ですが、私の場合外で着替えたことは
1度しかありませんでした。
(おしっこの背中モレが原因です)

低月齢のうちは外で遊ぶこともありませんし、食事もミルクだけなので
着替えるほど服が汚れることはほとんどありません。
なくても大丈夫ですが、赤ちゃんの服はかさばらないので
私は常にバッグの中に予備を入れています。

まとめ

お出かけ時の最低限の持ち物は

  • ミルクセット(哺乳瓶、粉ミルク、お湯、湯冷まし)
  • オムツセット(オムツ、おしりふき)
  • 母子手帳(保険証、診察券、医療証、お薬手帳)
  • ガーゼハンカチ
  • ブランケット

月齢が高くなると、おもちゃやお菓子なども必要になってきますが
低月齢のうちは最低限オムツ、ミルクさえあれば数時間のおでかけなら
ほとんど大丈夫です。

また、ブランケットなど、体温調節ができるものは必ず持っていきましょう。

あれもこれもと詰め込むと大荷物になってしまうので、長時間の
外出でなければコンパクトにまとめてお出かけを楽しんでくださいね♪

© 2017 全部やったるぞ!